2018-03-19

BLACKPINKの妹グループがデビューに向け準備中?YGの独立レーベル『THE BLACK LABEL』の有望な練習生たち


BLACKPINKが所属するYGエンターテインメントは、子会社の『THE BLACK LABEL』からデビューする新しいガールズグループを準備中と言われています。

『THE BLACK LABEL』は、YGのメインプロデューサーTEDDYが立ち上げたYG傘下の独立レーベルで、JTBC『MIX NINE』に審査員として出演したZion.Tらが所属しています。

2016年、YG社屋付近のビルに独立的な作業スペースを設けた『THE BLACK LABEL』は、YGの強い支援の下、ブラックミュージックを基盤とする多様な音楽ジャンルへの試みや、新人アーティストの育成、新しい音楽の創作基盤作りに取り組んでいます。

ヤン代表は創設当初の『THE BLACK LABEL』について、「Zion.Tの新アルバムを皮切りに『THE BLACK LABEL』が徐々に独自の音楽世界を開いてくれると思う。長い経験のあるTEDDYとKUSHが幅広いインフラを持っているので、より多様なジャンル・ミュージシャンと交流すると思う。私も楽しみにしている。自発的で個性的なアーティストによる音楽が最高の競争力につながると思う。レーベル別に運営を委ね、YGは全方位的な支援を惜しまないつもりだ」とコメントしていました。

すでに『THE BLACK LABEL』では、以前からオーディションを開催しており、現時点でも有望な練習生が揃いつつあることが伝えられています。練習生には「School Rapper 1」出身のMoon Jihyo/문지효らの名前があがっています。Jihyoは2018年に『THE BLACK LABEL』に加入したとのことです。









『THE BLACK LABEL』は、YGとは別途のシステムで運営されています。YGはハイグラウンド、ザ・ブラックレベルを多角的に支援し、レーベルシステムをより強化しています。

YGエンターテインメントと子会社『THE BLACK LABEL』の関係は、PolarisエンターテインメントとBlockberry Creativeの関係に例えられます。Blockberryが子会社でありながら、独自に『今月の少女』プロジェクトを進めているように、『THE BLACK LABEL』も新しいプロジェクトに向け、独自の路線を進行するものと見られています。

YGヤンヒョンソク代表は一年前に、インタビューでBLACKPINKの妹グループのプランがあることを明かしました。端的に言うと「日本を活動拠点にした可愛い系」といったコンセプトでしたが、それと『THE BLACK LABEL』で準備中のガールズグループが同じであるかはわかりません。ただ、あえてYGとは別に子会社で進めるプロジェクトなので、YG本体とは違った路線になることも考えられます。ここでも、PolarisのLADIE'S CODEと、BlockberryCreativeの今月の少女が、まったく違ったコンセプトのグループになっていることがいい例になるかもしれません。

ちなみに、Polarisは今年の下半期に『Polaris Girls(仮)』のデビューを予告しています。昨年11月には日本でもメンバーオーディションが開催されました。そして、『Polaris Girls(仮)』と今月の少女は、まったく別のプロジェクトとして進行し、最終的にはPolarisとBlckberryそれぞれから、ひと組ずつの新しいガールズグループが年内にデビューすると見られています。




人気記事 (過去 30 日間)

[PICK UP]