2017-10-13

平均年齢は12.6歳!K-POP史上最年少ガールズグループ誕生?HI CUTIEがデビューシングル「Play U」リリース


K-POPガールズグループに低年齢化の波が押し寄せているようです。

新人ガールズグループ「HI CUTIE」がデビュー時において、史上最年少のグループとなることが明らかになりました。

10月12日正午、HI CUTIEのデビューシングル「Play U」が、各種音楽サイトでリリースされました。彼女たちの所属事務所Space Musicは、HI CUTIEはユジン、ユンジュン、ハヨン、ハンチン、チェンリンの5人編成のグループであることを明らかにしました。

彼女たちの平均年齢は12.6歳。グループの最年少は11歳で、最年長でも14歳なことから、韓国初の「子供」のガールズグループと見なされています。






デビューを迎えたHI CUTIEの最初のデジタルシングル「Play U」は、8ビートのゲームを思い起こさせるダブステップを備えたEDMポップトラックです。この曲はBijouのJoominとDJ Buddyによって制作されました。

2年前にAPRILジンソルが当時14歳で話題となり、今年1月にはLOONAヨジンが13歳で最年少を更新。ジンソルは悔しがっていましたが、HI CUTIEはもう、そのようなレベルではありません。K-POPの世界にも日本のアイドルのような低年齢化の波が、着実に押し寄せているようです。













Posted in  on 10/13/2017 by TEN |  
[PICK UP]

人気記事 (過去 30 日間)

アーカイブス