2019-07-05

今月の少女(LOONA)、楽曲を多く手がける作曲家チームMonoTreeが渦中の人物に触れる…「Jaden Jeong氏は今月の少女の13番目のメンバー」


多くのLOONA作品を手がける作曲家チーム「MonoTree」が、渦中の人物Jaden Jeong氏について触れました。

7月4日、MonoTreeはファンを招いたトークイベント「Monotree Oddity Talks Ep 8」を開催しました。

MonoTreeは元々、KARAのプロデュースで知られるSweetuneに所属していたイ・ジュヒョン、ファンヒョン、G-Highが独立して立ち上げたプロデュース集団です。東方神起や少女時代を始め、幅広くK-POP全般の楽曲制作に携わっていますが、最近では今月の少女(LOONA)への作品提供で特に知られています。

ソロではヒジン「ViViD」(G-High)、ヒョンジン「Around You」(イ・ジュヒョン)、ヨジン「Kiss Later」(ファンヒョン)などを手がけた他、完全体の「Hi High」(ファンヒョン)、「Butterfly」(G-High)まで、主要な楽曲にはMonoTreeあり、と言っていい存在です。


そんなMonoTreeにLOONAの多くの楽曲の制作を依頼してきた人物こそが、LOONAの音楽プロデューサーで、クリエイティブディレクターのJaden Jeong氏です。氏はの本来の肩書はA&Rで、その立場からMonoTreeに楽曲制作の依頼をしていました。

Jaden Jeong氏は以前からあたためていた、毎月ひとりずつメンバーをデビューさせるLOONAの構想を、30数社の企画会社に持ち込み、唯一受け入れたのがPolarisエンターテインメント(BlockBerry Creative)だったと言われています。


言わばJaden Jeong氏はLOONAの核心とも言える存在ですが、最近になって氏がLOONAプロジェクトから外されたといううわさが海外ファンを騒然とさせました。

おそらくこのことを知っているであろうMonoTreeのメンバーたちは、LOONA楽曲の制作秘話に絡んでJaden Jeong氏に触れ「제이든정씨는 달소 13번째 멤버(Jaden Jeong氏は今月の少女の13番目のメンバー)」と明言しました。

また、この流れでイ・ジュヒョンは、自身が作曲したヒョンジンの「Around You」は、PolarisのLADIES' CODEのために作っていた曲だったと明かしました。

しかし、この曲を聴いたJaden Jeong氏が、ヒョンジンのソロに使用することを提案し、受け入れたイ・ジュヒョンは「Around You」のコーラス部分のメロディを書き換えたとのこと。今年2月の「Loonaverse」で披露された「Around You 2.0」こそが、LADIES' CODEに用意していたオリジナルバージョンだったと明かしました。



完全体の最新曲「Butterfly」は、G-Highが作曲していた初期バージョンを聴いたJaden Jeong氏が気に入り、それを元に楽曲制作が進行していったことが知られています。

このようにJaden Jeong氏は、ただのA&Rを超えて、楽曲制作にも直接的に関わっていました。LOONAのいくつもの画期的な作品は、氏のイメージなくしてはあり得なかったのです。


LOONAの所属事務所BlockBerry CreativeとBig Hitエンターテインメントの関係、Jaden Jeong氏の進退問題など、未だ不透明な部分は多いです。(4日には休養中のハスルのファンカフェ書き込みを、事務所が削除する不可解なできごともありました)

ですが少なくともMonoTreeは、LOONAプロジェクトにJaden Jeong氏は無くてはならない存在だと理解しているようです。「Jaden Jeong氏は"今月の少女"の13番目のメンバー」と言い切った言葉は、世界のLOONAファンの目下の支えにもなっています。




[PICK UP]

人気記事 (過去 30 日間)

アーカイブス